Yoga Nidraについて

~ヨガニードラとは?~

ご自身の中にある、静かな湖に還る旅のようなひとときを。

totonoe yogaではプライベートヨガニードラの他、少人数グループレッスンでもYoga Nidraをテーマにしています。

ヨガニードラの練習では、仰向けの姿勢になって目を閉じ、インストラクターの声に耳を澄ませながらご自身の身体や呼吸に意識を向けていきます。特別な努力は要りませんので、幅広い年齢や体調の方に実践して頂くことが可能です。

現代は主にガイダンスに身をゆだねるリラクゼーション法として取り入れられているヨガニードラですが、伝統的なヨガニードラの技法はリラクゼーションの域にとどまらない可能性を秘めています。

ここで少しヨガの哲学に触れてみますね☆彡

ヨガは私たちが普段、『これこそが自分自身である』と思っているこの『身体』や『心』が私たちの本当の姿なのではなく、それを観る永遠に終わりを迎えることの無い魂が私たちの本来の姿であると教えています。

ヨガはその真理にたどり着くための道でもあり、今はフィットネスとしても取り入れられている肉体の練習もその1つです。

そして、ヨガニードラは『ヨガの最終プラクティス』。理性や知性を保ったまま潜在意識の領域、そしてその先にある真理にへと向かう、深い意識の源への旅でもあります。

totonoe yogaでは伝統的なヨガニードラの教えに敬意を払い、大切にしながらも、普段ヨガやヨガニードラに親しみの無い方でも安心してご自身の中に寛いでいただけるような時間をご用意致します。

普段、休まることの無い思考のスピードを緩め、心身ともにリラックスするこの体験は他ではなかなか味わえない『究極のリラクゼーション』。1時間の練習で4時間の睡眠に値するほどのリラクゼーション効果があると言われてます。

レッスンでも『深いリラクゼーション』を着地点としてイメージし、その経験の積み重ねが日々の健康や穏やかな幸福へと繋がっていくことを願っています。

練習中はゆったりとした心で、ご自身の内側にある静けさの中に帰っていきましょう。

ご自身の内側にある静かな湖のような場所にたどり着いた時、穏やかな喜びや、充足感、揺らぐことのない安心感を味わうことが出来るでしょう。

日常の忙しなさの中では簡単に埋もれてしまうこの場所に、度々訪れる練習を重ねていく。すると日常の中であっても、その場所を思い出すことが出来る瞬間が増え、その深さが増していきます。

私自身も、変化を楽しみながら練習を重ねているところです。

ちょっと疲れているなーという時は、心身のリラックスタイム…『リセットの機会』として。

心身の調子が調っている時には『ご自身の可能性をますます引き出していくようなお時間』となっていくことと思います。

どうぞ、その時々の感覚に身をゆだね、リラックスしてこの時間をお過ごしください♪

最後に。

レッスンでは眠ってしまっても、途中で姿勢を変えても大丈夫です。

その日のご自身の状態に合わせて、気負わず自由にこの時間を過ごしていただければと思っています。

また、ヨガニードラの後20分程は認知速度が緩むため、ぼんやりとした感じや、人によっては怠さを感じることがあるかも知れません。
終了後のスケジュールにはどうぞ少しの余裕を持ってご参加くださいね。